大津海岸トイトッキ浜野生植物群落

自然そのままの姿の植生

大津海岸トイトッキ浜は、大津市街から北東に約2km離れた旧十勝川河口付近にあり、太平洋岸に面した幅80m、長さ2,100mにおよぶ標高5~6mの砂丘地帯です。

喬木(きょうぼく)のない草原で、コケモモ、ガンコウランなど多くの寒地、高山植物を含んだ植生があります。

また、ヤナギラン、ウンラン、ハマナス、ハマエンドウ、コウボウムギ、オカヒジキ、ムシャリンドウ、クロユリ、スズランなどがよく自然の保たれた状態で生育しています。

十勝沿岸の草原群落は後背部に泥炭地、湿地を持つために複合した景観をなすものが多く、トイトッキ浜はその代表的な一例とされます。

また、群落の自然状態も極めて良く、北海道太平洋岸の代表的な海岸景観の一つとして学術上からも貴重なものとなっています。

豊頃町打内

住所

豊頃町観光協会(ココロコテラス内)
TEL 015-578-7202

お問い合わせ

一般社団法人 ココロコ

北海道中川郡豊頃町茂岩本町110-1
TEL 015-578-7202
  • Facebook Social Icon
Copyright © ココロコ All Rights Reserved.