豊月

故郷の味を生み出す菓子職人

先代は帯広の『露月』で修業。豊頃に戻り店を開くとき、町名から一文字を取って『豊月』と命名。「町のお菓子屋」としての心意気は、今も引き継がれている

人気商品『銀盤』の名前は、かつて豊頃がスケートの町だった名残を感じさせる。

一方、『ピロ―』は先代の『和菓子』と、息子である現店主・立野さんが学んだ『洋菓子』を融合し誕生。いまでは小学校の卒業式で『紅白ピロー』として贈られるほど。

豊頃の子は豊月の味で育ったといっても過言でないはず。

豊頃町茂岩本町127

住所

015-574-2150

TEL

8:30~19:00(日曜9:00~17:00)

営業時間

不定休

定休日

一般社団法人 ココロコ

北海道中川郡豊頃町茂岩本町110-1
TEL 015-578-7202
  • Facebook Social Icon
Copyright © ココロコ All Rights Reserved.